読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系アラサーOLの悲喜こもごも日記

結婚・妊娠・出産・子育て・ふるさと納税・仕事・株・美・生き方…女の思考はいつも現実的よっ!!東京でIT企業に勤めるお年頃(!?)OLの日々の考察と本音。シスくん(夫)となつお(子ども)も登場するよ!寄ってらしゃい見てらっしゃい!

スポンサーリンク

言い方ひとつで夫の家事に対するモチベが変わる

こんにちは!IT系アラサーOLのスプラウトです(`・ω・´)

スプラウト家は、家事の半分は分業制です。スプラウト…料理、洗濯、床掃除、なつおの授乳etc。シスくん…皿洗い、洗濯物畳み、シンクの掃除、なつおのミルクetc。みたいな。

基本的にシスくんは家事が好きなほうではないので、分業になっとると言うても、何も言わないと経験上どんどんやらなくなります(逆に、スプラウトが家事をさぼっても何も言わない。料理は別)。
そんなとき、シスくんに家事をやってくれと頼むわけですが、言い方によって大きくやる気が変わることに気づきました。

1. 「○○やってよ!」

論外。機嫌が悪くなります。

2. 「○○やってくれへん?」

「えーめんどいーしんどいー」といいながら、しぶしぶ家事に取りかかります。

3. 「○○やってくれると嬉しいな♡」「○○やってくれると助かるな♡」

「まぁオレできる男やからな♪」と上機嫌で家事にとりかかります。
「よっデキる男!」と追撃すればさらに機嫌がよくなります。

4. 「なつお(息子)が○○やってほしいって言うてる!」「パパ〜○○して〜(なつおの声をまねして)」

「まぁパパはできる男やからな♪」と上機嫌で家事にとりかかります。
「よっパパ素敵!」と追撃すればさらに機嫌がよくなります。

 

旦那が家事をやらなくて…という奥さんは一度試してみると良いかもしれません(逆もまた然り)。
小さな子がいる家庭では、4番がオススメ\(^o^)/

https://instagram.com/p/6JoNvovWep/ お気に入りの無印クッション

ほな、まったね〜(`・〜・´)ノシ

良ろしければ購読してくださいな(´・∀・`)
  • このブログの 
  • follow us in feedly

 

ランキング参加してまーす。1日1ポチして頂けるとうれしいですっ(`・ω・´)