IT系アラサーOLの悲喜こもごも日記

2歳のなつお、0歳のちびた、夫のシスくんと暮らすIT系アラサーOLのブログです

「ママファッション」ってどういうファッションなんやろう

スポンサーリンク

こんにちは!IT系アラサーOLのスプラウトです(`・ω・´)

私はなつおを生む前、「ママファッション」ということばが嫌いやったんよね。
ママのファッションてなんやねん!ママになったからて何が変わるねん!ママファッションっていうたらみんなクリックする思ったら間違いやで!ママファッションとか言うてただのカジュアルファッションやんけー!「ママに嬉しい着回しコーデ♡」とか、そんなんママじゃなくても嬉しいわー!!!!!
…と、思っておりました。

そしてスプラウトもママになって、やっとママファッションが必要とされる理由が分かった気がします。
そして、いわゆる「ママファッション」という言葉に共通するポイントを発見。

ママファッションとは、プチプラで洗濯しやすい素材やけど安っぽく見えすぎないきれいめよりのカジュアルファッションです。

さぁ、一つずつ解説していきましょう(あくまでスプラウトの意見です)。

1. プチプラ

なぜ、ママになったとたん声を揃えて「プチプラプチプラ」と叫び出すのか。
それは、服というものが消耗品になってしまうからやと思うんです。

服は、良い服を買って長く着たいと考える人も多いでしょう。スプラウトもそうでした。でも、赤ちゃんや子どもにとっては高い服も安い服も同じなんよね。
ミルクは吐くし、よだれはつけるし、ぐりぐり頭をこすりつけてくるし、思いっきりつかんでひっぱってくるし…

服を大切に着るなんてもってのほか。というか、大切に着れる環境なぞいっきになくなります。
ビジューの縫い付けてある薄い透け感のある服とか、ビジューで赤ちゃんの肌引っ掛けるかもしれへんから着られへんし、細やかなレースのついた服やって、赤ちゃんにぐりぐりされると一気に毛羽だってまう。
そんなもんで、1年でだめになってもいいや!と思える服っていうと、プチプラになってしまうんですね(お金持ちじゃなければね)。
スプラウトも、生まれて初めて同じ服を色違いで購入してしまったさw

2. 洗濯しやすい素材

なつおを生んでから、「服は汚れるもの」ということを実感する毎日。
やから、洗濯機でガシガシ洗える服じゃないと、洗濯の手間がかかってしゃーない。

抱っこ紐でなつおを抱っこしとったときになつおがウ○チをして、そのウ○チがオムツの脇からはみ出てスプラウトの白いレースの服にだらだら流れ落ちてきたときの絶望感はまじで半端なかった…

赤ちゃんは常に着替えが必要というのは理解していたつもりだったが、母親も前より確実に着替えが必要。これ、見落としポイントね!テストに出るで!

3. 安っぽく見えないが高級感あふれすぎない

ママになると、関わる人も変わってきます。ママ友や保育園関連の人など、子どもを仲介した知り合いが半強制的に増える。
昔からの知り合いと違って、新しくできた知り合いはバックグラウンドも知らん人が多くなるし(むしろ聞きにくかったりするし)、でも全く付き合いませんという訳にもいかん(好き好んで会うことはなくても話す必要は出てくるという意味で)。

とすると、無難に好印象をあたえられる適度な具合が必要になってくるわけ。
安っぽい格好しすぎてもだらしない人に見られそうやし、高級感あふれすぎてもお高くとまってそうとか思われてもいややし…。

結果、こぎれいな格好というか、誰に対してもとりあえず不快感をあたえへん格好に落ち着くという最適化。

4. きれいめよりのカジュアルファッション

子どもを抱っこしたり手を引いたり自転車に乗せたりの毎日やと、基本ヒールは履けへん。
結果、スニーカーやモカシン、バレエシューズ、ペタンコパンプスなど、転びにくく歩いても疲れない靴を履くことになるんよね。
スプラウトも妊娠する前は、ヒールの高いパンプスやブーツ、サンダルを毎日履いとったんやけど(というかヒールがある靴しか持ってなかったんやけど)、今はもう全く履いてへん。今はもっぱらUGGのブーツ。めちゃあったかい。

んで、フラットシューズにはやはりカジュアルファッションが合わせやすいんやけど、大学生のようなカジュアルファッションやと子どもっぽい。もうちょっときれいめで20代後半や30代で着てもおかしくない、シンプルやけどオシャレに見える服が使いやすい。そしてそういう服は、だいたい着回しがきく。そんな感じ。

5. 基本上下分かれている

授乳する人はね。という前提ではあるが、子どもを生む前に着とったワンピースはどれもお蔵入り。 
授乳するときにワンピースきとったら、下半身までペローンてしておっぱいあげなあかんから、そんな恥ずかしいことはできません///

端的に言うと、ママファッション=きれいめカジュアルってことですな。そやったらきれいめカジュアルって言うたらええやん。。。。。

ママのためのおしゃれの教科書

ママのためのおしゃれの教科書

  • 作者: 柴崎マイ
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2012/10/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

ほな、まったね〜(`・〜・´)ノシ

良ろしければ購読してくださいな(´・∀・`)
  • このブログの 
  • follow us in feedly

 

ランキング参加してまーす。1日1ポチして頂けるとうれしいですっ(`・ω・´)